眼科

neko05

眼科

目の病気はねこちゃんに大きなストレスを与えます。
早期発見、早期治療を心掛けましょう!
ねこちゃんの目のトラブルは一目見てではすぐ見つけられないものが多く、その間ねこちゃんは不快感や視力の低下で不安な思いで毎日を過ごしています。
飼い主の皆さんは、目やにや涙が大量に出ていないか、目がしょぼしょぼしていないか、目全体の大きさは変わりないか、など日頃からチェックし、いつもと様子が違うことがあれば私たちへご相談ください。

目の病気の種類

結膜炎
まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気。
角膜炎

目の角膜(目の表面を覆う透明の膜)に炎症が起こる病気。

角膜穿孔

角膜に穴(穿孔)が開いている状態。

角膜分離症

代謝障害により、目の表面が黒く濁る病気。

緑内障

眼球内の房水という液体が循環が悪くなり眼圧が上がる病気。

白内障
水晶体(目のレンズ)の一部か全部が白く濁り、視力が低下する病気。
ブドウ膜炎

眼球をとりまく3つの膜状組織に炎症が起こる病気。

チェリーアイ

目頭にある白い膜の下にある組織が外側に飛び出してしまう病気。

こんな症状出ていませんか?

結膜炎

疾患について

結膜炎

結膜炎とは、まぶたの裏側にある結膜が炎症を起こす眼の病気です。
両眼ともに結膜炎を起こす場合もあります。
結膜炎になると、結膜が赤く腫れて涙がでる、眼やにが出る、むくむ(浮腫)などの症状が出ます。

細菌性・ウイルス性・マイコプラズマ・クラミジアなどが原因でかかる病気です。
同様の原因で、上部呼吸器疾患にかかっている場合もあります。

一般的な治療としては、まず眼をきれいに洗い、抗生剤や消炎剤等の目薬による治療を行います。
また、原因によって内服や注射等の治療も併用して行ないます。
原因が感染症の場合は、他の猫にうつる可能性もあるため、多頭で飼育している場合注意が必要です。
結膜をマイクロブラシで拭うスワブ検査で細菌感染の有無を確かめたり、結膜と咽頭部の拭い液を用いた遺伝子検査が診断には有効です。

アクセス
こにし動物クリニック
〒520-3047 滋賀県栗東市手原3丁目7-15
【診察時間】9:00〜12:00/16:00〜19:30
水曜・日祝の午後15:00〜18:00は
予約診療となります。
【手術/検査】12:00〜16:00
copyright(C)2019 konishi-cat-clinic.com All right reserved.