避妊手術・去勢手術

neko05

避妊・去勢手術

長く健康に生きるための選択を一緒に考えましょう!

将来、子孫を残す予定のない動物は、去勢・避妊手術を受けることができます。
生後6ヶ月頃から手術が可能で、生後1年までに受けるとさらにメリットがあります。
特に、女の子の猫ちゃんは、発情前に手術を行うことが大切です。ショップや里親さんから譲り受けた際は、まず当院を受診していただきスケジュールを立てましょう。
猫ちゃんの去勢手術・避妊手術の、メリットとデメリットをしっかり一緒に考えた後に手術に臨みましょう。

手術を行うメリット

避妊(メス)の場合

  • 子宮蓄膿症・乳腺腫瘍・卵巣腫瘍などのホルモン異常に関連する病気が予防できます。
  • 発情が無くなりますので、「ガオー、ガオー」といった発情に伴った大きい鳴き声が無くなります。
    (猫が寂しがり誰かを呼ぶ大きい声は、本人の性格ですので無くなりません)
  • 発情による猫へのストレスが無くなります。
  • 問題行動の抑止になる場合もあります。
  • 不慮の妊娠が無くなります。

去勢 (オス)の場合

  • 精巣腫瘍・前立腺疾患・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫などのホルモン異常に関連する病気が予防出来ます。
  • 自分の縄張りであることを示す為、あちこちに尿をかける事(スプレー行動)が無くなります。
  • 発情による猫へのストレスが無くなります。
    雄同士の勢力争いで喧嘩をする事が無くなり、怪我をするリスクが減ります。
  • 相手に不慮の妊娠をさせることが無くなります。
  • 問題行動の抑止になる場合もあります。

安全な手術を行うために

当院ではより安全に手術が出来るように、術前に診察、血液検査等をさせて頂き、麻酔に対してのリスクを最小限に抑えるようにしております。
心電図、血圧計、ガス濃度などの麻酔モニター類で管理し、細心の注意を払いながらの手術となります。
万一の場合に対しても救急対応の用意は万全です。
麻酔に対してのリスクなどはその動物によって異なる為、診察時・予約時に詳しく説明致します。
お気軽にご相談ください。

手術の流れ

【来院にてご予約の場合】

ご来院

診察にて獣医師と手術日程調整

当日お預かり

麻酔前検査(血液検査等)

手術

当日夕方帰り

【お電話にてご予約の場合】

※初診の方は当日までに一度体調チェックでご来院頂きます。
電話で手術日のご予約

当日お預かり

麻酔前検査(血液検査等)

手術当日夕方帰り

  • 手術後のご来院について

避妊(メス)の場合

5日後に経過診察10日後に抜糸となります。

去勢 (オス)の場合

10日後に抜糸で来て頂きます。

動物にとって負担の少ない腹腔鏡手術

当院では猫ちゃんへの痛み、体の負担が少なく手術を行う事の出来る、腹腔鏡を使う方法を取り入れております。

  • 腹腔鏡手術のメリット
  • 小さな傷で手術が可能です(約5mmの傷が3つで可能)
  • 開腹手術での傷の大きさは約2~3cmです。
  • 傷が小さい為、手術により起こる体内の炎症を抑えられ、痛みが少ないです。
  • お腹を開ける大きさが小さい事で、臓器が乾燥しません。
  • カメラによる鮮明な画像が得られ、細かい臓器の異常や血管を目視する事が可能です。
アクセス
こにし動物クリニック
〒520-3047 滋賀県栗東市手原3丁目7-15
  • 077-554-6666
【診察時間】9:00〜12:00/16:00〜19:30
水曜・日祝の午後15:00〜18:00は
予約診療となります。
【手術/検査】12:00〜16:00
copyright(C)2019 konishi-cat-clinic.com All right reserved.